« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

子育ては親育て・見守り、見守る事

子育てには、
気力と体力と、
ある程度のお金が必要である!!

子供の遣りたい!
そぅ思う気持ちに、
ブレーキを掛ける事なく、
その思いを大切にしてあげたい。

その為に、
スケジュールを必死に遣り繰りしながら、
この師走間近な、
イルミネーションでキラキラに輝く街の中を、
息を切らしながら駆けずり回る私がいます(>_<)

その甲斐あってかな⁈
風くんは、
4月から私達を説得し続けてまで遣りたがっていた合唱団、
その一般向け舞台デビューを水曜に果たしました!!

学校内行事では、
もうデビューをしていたのですが、
一般公開の舞台デビューは、
水曜となりました。

これから、
今週末の県内イベントでの舞台、
区内行事の舞台、
年末に行われる、
某局主催の合唱コンクールへと続きます。

学期末には、
みなとみらい大ホールと言う大舞台が待っています。

そしてその間も、その後も、
様々な舞台を経験し、
来年秋のNHK全国合唱コンクールへと繋がるのでしょう。

朝練、放課後練習に休日練習、
他の習い事と、
全てをこなすのは難しい。
その時々、優先順位を共に考えながら、
彼の思いや可能性を、
伸ばしてあげられたらなと思います。

今しか出来ない、
今だから出来る、
風くんと陽ちゃんの育つ環境を、
守ってあげたいと思います。

そして・・・
この慌ただしい生活の中、
私の支えを必要としている、
母がいます。

今日はそんな母が、
ちょっぴり動き出す日。
さて、どうなるかなぁ。
見守って来ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新メンバーを紹介します!

日曜日の午後、
我が家の一員になった・・・
NEWカー


手放した黒い車の前は、
やっぱりこちらの車を乗っていました

この10年程で、
三菱 レグナム→三菱 グランディス→日産 セレナ→トヨタ ヴォクシィ→日産 セレナ
と、始めのレグナム以外は全て新車

レンタカーや試乗車を含め、
色々な車に乗らせて頂いたけど、
それぞれに良さがある

今回も色々考え、
こちらの車に決めました

まだ購入したて、
ナビも外したまま、
オーディオの何もない状態
iPhoneでラジオを聴きながら運転したりしています

天気が良ければ、
次の週末には、
ナビも復活予定
他にも室内外に装飾ライトを付けて貰い、 
完成予定です


今回の車は、
出たばかりの新色らしく、
まだあまり台数が出ていないそうです

母にも『これ、何色って言うの?』
と聞かれましたが、
ホワイトのような・・・
シルバーのような・・・

正式には、
エターナル スノーホワイト
と言うそうです

さぁ、全て完成するのが楽しみだなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

転勤です!か?転勤族です!

お久しぶりの更新です
色々と、バタバタしている毎日です
Facebookへは、手頃な事もあり、
呟きまくりですが
Blogには辿り着けずな日々です


さてさて、
我が家のアチラコチラに、
段ボールの集団


引っ越し業者さんの見積もり等、
業者さんの出入りが激しい最近、
ご近所さんは思っているでしょう
季節的にも、引っ越しの多くなる時期
同じ様な業界の方々も、
年内に大幅なリストラや、
配置換えなども耳にしますしね
きっと思ってる人は居るんだろうなぁ

ここ最近のドタバタ生活、
それが理由では無いけれど、
どうやら職を辞する事になりそうな私がいます

これについては、
どうなる事やらね・・・
また機会があれば、お話します

さて、今日はピアノが運び出されました


はぁ、年内あとわずか日々
お疲れ様だわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大切なサヨナラ

今夜、大切なサヨナラをした・・・
1年10ヶ月、毎日の様に乗った愛車。

一緒に過ごした、2万3千キロの旅。

手放すと決めたものの、
いざその日を迎えると、
やっぱり寂しい。

今日は仕事が休み。
一緒にどこかへ行きたかったな。

でも残念。
朝から子供会の打ち合わせ。
午後は子供会の倉庫整理。

色々と別の予定がギッシリ。
何も無ければ、
最後にドライブをしたかったのに・・・。

我が家の元から離れ、
大切にしてくれる別の方に出会えます様に。

陽ちゃんは、
『この車が良かったなぁ。
いつも幼稚園まで来てくれたから・・・』
そう言って、
車に『ありがとう』と言い、
沢山外も中も撫でて、
最後にKissをしました。


本当にありがとう。
お世話になりましたm(_ _)m
短い時間でしたが、
沢山の思い出深い旅、
みんな快適に行けたのは、
あなたのおかげだよ。

お疲れ様でしたm(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今の時代ですか?

〜ある日の勤務〜
それなりの人数の患者様が来院しました。

勤務先は交通量の多い、
大通りに面した角地にあり、
クリニックの前の交差点は、
よく事故がある場所。

ある日の10時過ぎ、
事故がありました。

被害者は高齢の女性。
クリニックの患者様でした。

救急車で搬送されましたが、
幸い、打撲程度で済み、
お昼前に御本人から電話を頂きました。

良かった・・・
ホッとしました。

でも・・・
その患者様が事故にあう1時間前、
クリニックに来院された若い女性がいました。
その事故が起きた時、
その方が・・・
『おばあちゃんじゃない?
事故にあったの、おばあちゃん?』
そぅ聞かれました。

どうやらその方が言うには、
1時間前にクリニックに来た頃から、
交差点辺りでウロウロするその高齢の女性を見て、
“危ないなぁ”と思ったそうです。

何台かの車に、
クラクションを鳴らされても聞こえていないようで、
交差点をウロウロしていたそうです。

『やっぱりおばあちゃんでしょ?
危ないと思ってたんだよねぇ』
と若い女性。

その交差点付近で事故にが起こる前、
“危ないなぁ”
と思っていた方が、
他にもいたそうです。

その中の1人で、
クリニックの隣の薬局に勤務する
パートさんは、
そのまま事故の瞬間を目撃し、
救急連絡をしたそうです。

なんだか・・・

この日もその後も、、、
しばらくはブルーな気分でした。

なぜ、“危ないなぁ”と思った人は沢山いたのに・・・

なぜ、1時間近くも交差点を彷徨っていたのに・・・

なぜ、なぜ誰も声を掛けず、
手を差し出す事はなかったのだろうか。


“今の若い人は・・・”
“今の世の中は・・・”


実はある夏の暑い日、
出勤途中の道の真ん中で、
救助をしました。

大分前から、
沢山の車が何かを避けて通過するのに気付き、
数台前の車がその横を通過しようと、
反対車線に出た時、
その何かが人間である事がわかりました。

“誰か止まらないのかな?”
“もちろん止まるだろう!”
そう思っていたけど・・・

私は横を通過する際に、
それが自転車と人間である事を再度確認し、
後方から車が来ていない事を確認して、
その少し先で停車し、
車から降りて走って駆け寄りました。

『大丈夫ですか?どうしましたか?』
そう声を掛けたら、
うつむいていたその人間は、
パッと顔を上げました。

深々と被ったキャップ、
顔をあげたその子は、
まだ若い女の子でした。

『すみません、動けなくなっちゃって・・・どうしたら良いのかわからなくて』
申し訳なさそうに口を開いたその子は、
学校に向かう途中の大学生。
自宅から駅まで、自転車で向かっていた所、
その日履いていたロングスカートが、
自転車の車輪に何重にも絡まり、
身動きが取れなくなって、
車道に倒れていた。

何とかその絡まりを外そうとしたけど、
絡まりついたスカートに車輪、
少しも動く事は無く、
硬くなっていた。

『ごめんね。スカート、切っても良いかな?』
と聞いた私。

『すみません、切っちゃって大丈夫です。お願いします。』
そう言った彼女。

『ちょっと待っててね。』
私は車に走って戻り、
ハサミを取り、また彼女の元へ。

車輪に絡みついたスカートを、
ハサミで切り、
何とか車輪が動きました。

スカートを切ってしまった彼女に、
持っていた私の着替えを渡そうとしたけど、
『申し訳ないし、自宅は近いから大丈夫です。』
と言われ、
裏地が濃く、透けない事を確認し、
『お仕事、間に合いますか?』
の言葉にハッとし、
出勤しました。

でも・・・
走り去る車のミラー越しに、
深々と頭を下げ続ける彼女の姿が映っていました。

その日職場で、
午前診療が終わってから、
通り過ぎた車の話になり、
“冷たい”
と言う意見や、
“今の時代はそうかも”
とか、
“今の人達はね”
なんて意見が。

そんな中、副医院長が私に、
『感謝状ものよ!
あなたは、あなたの思う通りでいなさい!
今の社会の中で、貴重な存在。
今日の事も、他の人達と同じ様に通り過ぎたら、
あなたはその後、気になっていたわよ。
あなたはそのまま、変わらないでね。』
と副医院長。


ある時、知人に『生き辛くないか?』
と聞かれた事があります。

確かに、他人のゴタゴタに巻きこまれ、
疲れ果てる時があります。

でも・・・
SOSを出している人を、
見過ごす事は出来ません。

子育てもそうですが、
患者様との関係でもそぅ。


1日1日・・・
出来る事が増えた幼少期、
出来る様になるまでのもどかしさを、
手を出し、口を出してやってあげれば早い事を、
グッと堪え、見守る一瞬の大切さ。

高齢になられた方も同じ、
今まで出来た事が、
急に出来なくなる時が来る。
でも、手を出し過ぎてもいけ無いけれど、
出さな過ぎてもダメな時がある。

それは、年齢問わずかな。。。

必要な時に、必要な声がある。
必要な時に、必要な手がある。

後悔したくないな。

患者様も、女子学生も、
無事で良かった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »