« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

治療と副作用・・・そして死

薬物療法3日が経ちました。
今朝はなんとか大丈夫かな(笑)

昨日は朝から、
吐き気までする程の、
激しい頭痛で・・・
隣で眠る陽ちゃんに、
『ママ、おきて〜』
と何度も起こされたのですが起きれず( ̄◇ ̄;)

更にその先で眠るパパの腕を、
何度も何度も叩きながら、
『頭が痛いよ〜』
と訴えました(>_<)

昨日は仕事だったので、
頭痛薬を飲み、出勤。

職場の方々に
『病院、行った?』
と心配され、
ご報告。

そして勤務終了後、
副医院長(女医)に報告。

副医院長は・・・
時折言葉を濁しながら、
今回の薬物療法、
長期になった時の副作用が恐いと。
また別の、色々な影響が体に出てくると。
具体的には話してはくれませんでした。

ただ・・・
今回の病気の疑いが強い状況なら、
薬物療法は止むを得ない。
治療せずに過ごし、
手術で細胞を除去したり、
臓器を切除したり、
最悪の場合は・・・
良性の病気から⇒悪性の病気
癌などに変化する事もあるからと。

原因不明の病気。

副医院長は、
『私も医者で、患者様に色々聞かれるけど、
情けない事に、様々な病気で、
原因がわからない事がある。
もっと勉強しなきゃいけないし、
もっと医学が進まないと・・・』
と言って、
今後はどうするかと言う話に。

とりあえず、
頭痛が酷いので、
痛み止めを処方して頂きましたm(_ _)m


そして副医院長が濁した、
体への影響・・・
別の色々な病気を、
併発する恐れがあるみたいです。

例えば、高血圧症とか
更年期障害とか骨粗鬆症とかとかです。

まだ薬物療法を、
どの位続けるかもわかりませんが、
我が家にない、
体重計(無いって大問題!だから太る(⌒-⌒; ))
が欲しい!
血圧計も欲しいなぁ〜
万歩計(消費カロリー表示やら、
可愛いのが沢山あるんです)
等が欲しいと思いました。

お給料貰ったし、
買いに行こうかな。


私の父もそうですが、
よく『好きな物を好きなだけ食べて、
好きなお酒を好きなだけ飲んで死にたい』と、
高血圧症や糖尿病の方が言い、
生活を改善する事の無い方がいます。

そんな話を職場のスタッフが以前していて・・・
『本人は良いのよ、好きなだけ食べて、
例え細胞が壊死しても、
自分は好きな様に生きているんだから。
でも周りに迷惑よ!』
と言う話を聞き、
なるほどぉ〜と聞いていました。

私も気を付けなきゃなぁ。
日々の運動不足。
改善しなきゃなぁ。
甘い物大好きだし。

人に迷惑にならない様な、
そんな死に方をしたい。
そぅであれば良いなぁ。


さぁ、どう動き出せば良いのか・・・

体が薬に慣れてからかな。

薬の体への影響は、
副作用だけじゃないんです。

もちろん効用も出ています。

普段から、
キリキリと色々な事をこなして来た私。
そのキリっとしたものが、
ないんです(わかり辛い?)
多分・・・今までは神経を使い過ぎてたのかな。

今はホワホワしてます。
今まで通り、
家事も仕事もこなしますが、
アレやらなきゃ、コレやらなきゃ、
って感じの時の、
キリキリした感じが全くなく、
肩の力が抜けてる感じです。

今までの流れで行けば、
月に1度のアレの前で、
イライラが凄い時期のはずなのに・・・。

なんだか不思議な感覚です。


さぁ、今日も良い天気o(^▽^)o
今日は朝からじゃがいも堀。

頑張りますかね\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山を越えて


人生は、色々ですね

今までも、
色々な山を越えて生きて来ました

その道のりを、
時には楽しみながら

だから私は
“強い”と言われるのかな

昨夜から飲み始めた薬は、
思った以上に副作用がキツイ

体が慣れるまでの辛抱らしい

今はまだ、
治療を開始したばかり。
この薬が体に合い、
症状の改善が見られれば、
これから数十年、
毎日この薬を服用する

長い長い服用の中で、
副作用が心配されるけど、
今はこれしかない

病巣がハッキリしない中で、
開腹する事もあるらしいが、
開腹したところで、
確認出来ない事もある、
ちょっと厄介な病気らしい

あまりにも無知なので、
色々調べてみましたが、
何せわかり辛い病気な為、
婦人科医の多くは判断出来なかったり

そう診断されても、
誤診だったりも多々あるらしい

この病気は、
冷え性とも関連性が強いとか・・・

まだまだ今後の研究に、
期待したい病気です。


飲み始めた薬は
私は今まで、
タバコを口にした事がありません。
なので吸わないから
使用出来る薬

お酒は今まで通り、
大丈夫だと言うし

今は怠さが強いですが、
飲みには行きたい(笑)
毎日飲んだりはしませんが、
友達と飲みに行ったり、
大好きなので、
今も飲みには行きたい

これが元気の源かも

薬を長い事服用すると、
骨密度が低下するらしく、
骨折し易くなるらしい


ならばカルシウム摂取なぁんて、単純な私(笑)

とりあえず、
薬の飲み忘れに気を付けて、
来週の診察までに色々考えよう


















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

進行性・・・病気です。

原因不明の進行性の病気。

20代〜30代で発症する事が多い病気。

それ自体で命を落とす事がない病気。


勤務先の副医院長(女医さん)に、
下腹部痛の相談をした私。

痛む場所が、
微妙な場所な事(婦人科系になる)
“もしも”があったらいけないからと、
婦人科受診を勧められた。

看護士さんにも、
“もしも”があったら、
年齢的に考えてもまだ若いから、
進行も速いからと、
1日でも早く行く様にと言われ、
翌日の休診日にでも婦人科受診を勧められた。


痛みもあったり、なかったり。
耐えられる位の鈍痛だったり。
出血もあったり、なかったり。
でも基礎体温から考えても、
排卵出血でもない、
不正出血である事は確か。

って事を踏まえて・・・
婦人科へ行ってみました。


その結果、
出だしに書いた、
進行性の病気だろうとの診断が下りました。

現代では、
進行を遅らせる為の治療、
痛み等を和らげたり、
出血を軽くする為の治療、
手術もありますが、
手術をしても
再発を繰り返す事が多い病気。


私は薬物療法を始める事になりました。


今まで原因不明の不調が、
過去にもありました。

でも今日先生と話し、
診て頂き、
新たに色々な事がわかり、
点と点が、
線で繋がった感じでした。

年齢的にはまだまだな歳だけど、
中身は良くない状況だと言われ、
血液検査もしました。

内診やら超音波やらで、
下腹部を先生に何度か押されただけで、
痛みと共に具合が悪くなり、
顔色も、見る見るうちに悪くなり、
採血もベッドで横になり、
しばらく休ませて頂きました。

次回は血液検査の結果を聞きにいきますが、
薬物療法は即開始。


長い長い治療が、
始まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

振られました



明け方、ジャン振りの雨で目覚めました

昨夜ブログを書き終え、
眠りについたのが1時過ぎ

朝は超早起き

だって・・・

今月から幼稚園バスをやめ、
保育料にプラス代金を支払い、
幼保一元化の保育に切り替えたのですが、
朝は7時30分〜
夕方は18時30分まで預かって頂けます

通常保育時間は、
今まで通りの形だしな、
新保育です

ただ・・・

朝は規制があり、
普段は10分〜15分で行ける園に、
30分もかかるんです

今日はこんなお天気で、
仕事も早く終わったので、
早々陽ちゃんのお迎えに行くと・・・

『ママきちゃったの?まだかえりたくない

だそうで


お互いに、
時間を有効に、
有意義に使おうと言う事で、
また夕方お迎えに行く事にしました

陽ちゃんが望む事、
陽ちゃんに必要な事、
陽ちゃんが築いている子供達の世界、
大切にしてあげたいな







| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

発達障害

姪っ子、小学校2年生。
彼女に疑いのある診断名です。

産後すぐの彼女は、
総合病院の新生児室で、
沢山の赤ちゃんが並ぶ中、
誰よりも泣き続け、
泣き止む気配が全くなく・・・
その姿を、
まだ小さな風くんと、
ずっと眺めていた。


その後の彼女は、
やはり泣き続ける事が多く、
兄嫁が抱っこばかりしていた姿に、
周囲からは、
『抱き癖がつく』等の声も。

寝かしつけて、
床に下ろせば、
また直ぐに泣く・・・
その繰り返しだった。


赤ちゃんの頃から
食が細く、
少し成長した頃も、
あまり食べず・・・。

笑顔が少なく。

なんとなく、育て辛い子だった。


幼少期の癇癪は、
人一倍酷く、
1時間近く泣き続ける事が多く、
手のつけようがなかった。


人見知りが激しく、
引っ込み思案。

↑ここまでは、
なんとなく幼少期までなら
誰にでもある様な、
ちょっと手がかかる子かな?
位なのかもしれませんね。


ただ・・・

彼女の癇癪は、
小学校2年の今でも時折あり。


1年生までは通えていた小学校に、
今では1人で通えず、
学校で癇癪を起こす事も。


お箸やハサミを上手く使えず、
人目が気にならない為、
習い続けているスイミングで、
一向に進級せず、
小さな幼稚園児と交ざりながらも、
嫌がる事も、恥ずかしがる事もなく、
ただただ通い続けます。


昔から、
時間に対する拘りがかなり強く、
『遊びにいくね』等と連絡すると、
『いつくるの?』『まだこないの?』
等と、周囲の人にしつこく聞いたり。


今は毎日、
兄嫁が小学校に付き添って行っていますが、
授業を受けれる様な状況じゃないと。


そして数週間前からは、
ご飯を飲み込む事が出来ず、
大好きなお菓子などだけ食べる日々。


兄嫁に対して、
悪態をつく彼女。


私は彼女の姿を、
生まれた時から見て来て、
なんとなく気付いていたと言うか、
そう言われれば、
納得と言うか・・・

しかし彼女の父親である兄、
同居している父、母は、
理解出来ないよう。

↑この3人、
自分達の前では、
彼女はごくごく普通だからと。

兄嫁が悩み、苦しむ姿を、
理解しようとしない。

逆に兄嫁が悩むから、
彼女がダメになるんだとさえ言う。

小学校に付き添った兄は、
自分が付き添った日は、
癇癪なども起こさず良い子だった為、
甘やかしがダメなんだとさえ言う。


こんな状況で、
小学校に時折訪れるカウンセラーに対して、
荒れ狂った彼女。

そんな彼女を数回見たカウンセラーは、
兄嫁に療育センターを勧め、
その後は精神科受診を勧めた。

その事が受け入れられない父と母。

一度は受け入れ、
医療機関への受診を決断した兄。
しかしその後、
やっぱり・・・と言うような態度の兄。

私はそんなやり取りを見続けて来た。


最近は忙しかったりで、
あまり会う事もなかったが、
こんな状況になり・・・
急遽めちゃめちゃ久々に、
母と妹とランチをした日、
その席で、
母が持つ不満や、
色々ともめた話を聞き、
自身も同居する妹からは、
同居する嫁は辛い話をされた母。

でも母を責めても仕方ない事。
それはそれで酷な事。

ただ・・・
彼女の現実を、
きちんと受け止めるように促し、
過去の育て方を責めても仕方ない事や、
母の苦労を察し、
でも同居を続けるなら、
母も彼女の育て方に関して、
学ばなければならない現実を伝えた。

そしてその日、
別れた直後に母から連絡があり、
姪っ子を預かる事に。

兄嫁のお母様が、
脳梗塞で入院。
母は仕事がある為、
姪っ子達を見れず・・・。

直ぐにお迎えに行き、
陽ちゃんの習い事に連れて行ったり・・・

バタバタだった。


今は近くの大学病院で、
専門医の検査を受けている。

兄嫁はかなり心労が。

自身の母の事、
子供達の事・・・
悩みがたくさん。

『大丈夫、行って来なよ』
と姪っ子2人を預かったり、
兄嫁の不安や、
悩みをいつも聞き、
私は今での経験や知識、
そして今また、
勉強したり・・・
教育者の方や、障害児のお母様にお話を聞いたり・・・

どこまで、力になれるかな?

彼女と変わる事は出来ない。
兄嫁とも変わる事は出来ない。

ならば私は、
私の出来る事をするしかない。

変わる事が出来ないなら、
支えてあげたい。

我が家では、
彼女の話をします。
パパに赤ちゃん時代からの彼女の様子、
現在の彼女の状況、
どうしてあげたら良いんだろう・・・
と話します。

でも兄嫁と兄は、
話さないそうです。

兄が気にし過ぎるなと言う様です。

もちろん父も母も、
特に話さないそうです。

兄嫁が1人で不安を抱える状況。

我が身内、
なんだかなぁ。
本当に申し訳ない。


子育ては、
周囲の手を借りながら・・・

1人じゃ出来ない!

大丈夫、1人じゃないよ!


兄嫁のお母さんにも、亡きお父さんにも、
子供達を含め、私もよくして貰った。

姪っ子の事、兄嫁のお母さんの事、
兄嫁は今、すごく辛い時。


我が母も、
今の状況を苦しく思っている。

いつも・・・
上手く流れる様に、
結局私がぐるぐる色々な事をしたり、
受け止めたり・・・

親が子供の尻拭いをするのではなく、
私が親を・・・

でもその当人達は、
自分達が1番すごくて、偉い!
素晴らしい人間だと思う人。
超プライドが高く、
世間体を気にする人。

そんな親のダメさ、
器の小ささ、
要らぬプライドの高さに、
流石に高校生位から限界を迎えていた私。

短大の受験先、
就職先、何も相談せずに決めた。
もちろん、結婚も。

まぁでも、
親は変えられない。

我が両親は、
子供達を『育てた』と自信がおありの様だか、
私は確かに『育ててくれた』とは思う。
でも・・・


ある人に言われて、
なるほどぉ~と思った。

『育てる』と⇨『育む』の違い。
同じ『育つ』の中には、
2つの事がある。

私の子育てを見て、
ちゃんと子供達と『育む』育児をしていると言われ、
心が温かくなった事がある。

私の両親は、
あくまでも『育てた』だけ。
小学校の低学年から、
週に2回のスイミング、
そろばん、習字にピアノ。
1週間、ビッシリの習い事。

遣りたい、遣りたくない、
そんな選択肢は存在しない家庭だった。
両親は忙しく、
面倒を見る時間がないからの
私の習い事。
習い事から帰れば、
洗濯物を取り込んだり、
夕飯の支度をしたり・・・

まぁ、そんな事を黙ってするような子供じゃなかった私は、
親が私を放ったらかしにするのを良い事に、
親の知らぬ間に家を出て、
自転車で町中を探検して過ごしていた。

危険な目にもあった。
他所様に叱られる事も沢山あった。

でもきっと・・・

私は沢山の人に育まれ、
成長したのかな。

私の周りには、
色々な年代の、
様々な分野の人がいる。

子供の頃から、
たくさんの人達に、
色々な事を教えて貰い、
生きてきた。

それは今も、
変わってない。

たくさんの人に支えられ、
私は生きている。

姪っ子の診断名は、
まだ出ていない。

ただ・・・

診察では特に変わった事がなく、
専門医の先生も、
“異常行動を起こす事が不思議だ”
と言っていたようだが、
検査時に、彼女が異常な迄に泣いた姿を目の当たりにし、
“この年で、これだけ泣いたり抵抗したりするのは、
何か病的な問題があると考えていて下さい”
と言ったそう。

それでも兄は、
まだ現実を理解出来ないよう。

最近は父が私に愚痴り出した・・・

愚痴る父に、
父が大変なのも
わかると言う事。

でも何よりも、
彼女の事を、
彼女にとってどうすべきかを、
考えるように話をした。


どんなに小さな可能性でも、
活かしてあげられたら良いな。

彼女にとって・・・

現在(いま)を生きる事、
それは大切な事。

でもその現在は、
未来へ繋がる事。

現在・・・
学校と言う場に拘り、
普通と言う型にはめ込む事が、
果たして良いのか?

私なら・・・

“どう育てあげたいか”
“どう育って欲しいか”
そこを夫婦で話し合う事が、
大切なのではないかな。

先ずは漠然とで良い。

きっと何かが決まれば、
そこに向けた道が、
少し開けてくるから。

少しずつ・・・
彼女の歩幅で、
1日1日を過ごし、
彼女と共に見つければ良い、
未来と言う答えを。


私が頑張るのは、
何か違う気もするけれど、
可愛い可愛い姪っ子が、
現在を生きるのに困っている。

たくさん助けてくれる兄嫁が、
彼女を育てる事の、
道に迷い、途方にくれている。

だから・・・

出来る人が
出来る事を・・・

私が出来る事は、
私がやれば良い。

私が背負える事なら、
私が背負えば良い。

私が悪者になり、
彼女が育つ環境が整うなら、
私が悪者になれば良い。

兄よ、
目の前でSOSを出している、
自身の子には、
理解する努力をして欲しい。
嫁に対しては、
譲りに譲って・・・
所詮他人だし、お互い大人だから、
仕方ないとしても、
子供に対しては、
絶対の責任がある事を忘れるな!
自分の都合や勝手で、
考えるのではなく、
彼女と同じ物差しを、
お願いだから持って欲しい。


父と母よ、
あなた達の事は、
よくわかっています。
わかっている上で、
なんだか切なくなります。
やっぱりその程度かと。
仕方ないですね。

全ては
理解する事から始まる。
理解出来ないなら、
理解する努力から始める。

まだスタートラインにすら立てないのなら、
早く立たないと!
子供に置いて行かれちゃうのになぁ。

今後も、
風くんと陽ちゃんだけじゃなく、
姪っ子の事も書けたらと思います。

私もまだまだ無知な事もある為、
より理解出来る様、支えられる様、
歩んで行きたいと思います。

こんな私に、
皆さんの力、知恵をお貸し頂けたらら有難いです。
今後共、よろしくお願いします。m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

イベントに出陣


自宅から車で、
30分位で到着しました

今日は日本赤十字主催のイベント

日本武道館の会場前では、
スタンプラリーをしたり

子供達と私はハズレて、
キティちゃんのポケットティッシュを頂きました

後から来たパパは・・・
ハズレ
でも陽ちゃんを見たスタッフさんが・・・
紙袋をくれました

中身は・・・


大当たりの人形でした
ありがとうございます

さてさて、
座席チケットの引き換えをしに行くと・・・


これまたアリーナ席
『全席アリーナ席なんじゃない』
なんておバカな発言の私

会場の外を散歩していて、
2階席の存在等を知り、
『アリーナ席って・・・』
良い席なんじゃないかと気付いた、
なんとも世間知らずなおバカな母です

さて間もなく会場
ワクワクです

明日は私だけ、
ドリカムが出演する同じイベントに来る予定
音楽漬けだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

目撃情報

我が家の徒歩での最寄り駅に、
日曜日、尋常じゃ無い程の警察官がいたらしい

近場のターミナル駅は、
テレビ等でも写っていた程なので、
警察官が数日前から
かなりいたようですが、
最寄り駅は、ターミナル駅を上回る程の
警察官の数だったそうです

今話題の・・・
懸賞金1,000万の容疑者の
目撃情報が出たようです

もしそれが本当ならば・・・

ちょっと引っかかる
気になる出来事が

ご近所に、
地方ナンバーの車が
来客で来ていたりする家があります。

ちょっと不思議なお宅で、
挨拶をしても、
返って来なかったり

通りから中が見えぬよう、
1年中スダレがかかっていたりなお家

金曜日の夜、
車に荷物を起き忘れた私が、
荷物を取りに行った時、
そのご近所さん宅から、
『今どこにいるんだ?
みんな心配しているんだぞ。
迎えに行くから・・・』
なんて声が聞こえました

なんだか聞いちゃいけない、
聞きたくない人様の話し声を聞き、
足速に自宅内に戻った私でしたが、
翌日の土曜日の夜遅くに、
またまた気になる事がありました

そのお宅の裏手にあるお家で、
犬を飼っているのですが、
滅多に吠えたりしないんです

たまに変な時間に吠えると、
地震が来たりな感じで

その犬が、
土曜日の夜遅く、
日付けが日曜日に変わろうとしていた頃、
長い時間吠え続けていたんです

たまたま重なった、
ちょっと気になる事。
目撃情報が正しかったら・・・

早く捕まると良いなぁ
なんだか気持ち悪いもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨漏りと今後

我が家の雨漏り事件
10年保証が付いている訳で・・・
建主は保険を利用しての補修をする事になり、
◯ 保証機関の方
◯ 建主
◯ 雨漏り箇所てあろう場所を請け負った会社
◯ 床暖房会社

等が一斉に、
5月某日我が家を見に来ました

日頃から、
色々な物件を見ている保証機関の方の話では、
今回の件は残念だけど、
我が家の造り自体は、
すごく良い物だと
ただ詰めが甘かった・・・
って感じな

それで雨漏りされちゃ〜ね


そしてその訪問から2週間、
保証機関に提出する予定の見積りと、
工事箇所、
その工事箇所の工事内容を説明しに、
担当者さんが来ました

我が家にとっては、
工事の内容が大切な訳で、
幾ら掛かろうと、
関係ありませんが・・・

とりあえず全てお話を
聞かせて頂きました


工期は1ヶ月
保証機関の方が言われた様に、
かなりの大規模工事となります

見積もり費用は、
280万円
これはあくまで、
保証機関に請求する見積もり費用であり、
保証されない物がある為、
実際費用はもっとかな

工事内容は・・・
1階リビング&キッチンは、
やり直しの勢いですよ
中側の壁を剥がし、床を剥がし、
窓枠も何もかも外し、
窓枠やり直し、
床暖房をそう取り替えしたり、
床も貼り直しです

2階の、
雨漏りが疑われている箇所付近の外壁も、
壁を剥がし、サッシも外し、
外壁も塗り直しです

さぁ、工期1ヶ月だそうですが、
私も働いている今、
そんな時間を取れない訳で

今後は日程調整等が行なわれる予定ですが、
最悪は・・・
工事期間の間、
引っ越しを余儀なくされる可能性も

そこまはでならなかったとしても、
もぅピアノに関しては、
購入したピアノ屋さんに、
一時預かりを依頼する可能性が出て来ました

その他の、リビングとキッチンにある家具も、
引っ越し屋さんの、
一時保管サービスを利用するかもです

となると・・・
自宅での日常生活が、
通常に出来なくなる訳で・・・

さぁ、どうしますかね



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金星の太陽面通過

関東地方の皆さん、
見れましたか

全国の晴れた地域の皆さん、
羨ましいです

何度かチラホラ、
太陽が顔を出し、
私も太陽は日食グラスを使い、
鑑賞しましたが・・・

日の位置が高過ぎるし、
雲が横切り過ぎて、
金星は確認出来ませんでした

そして・・・

バタバタと観察に挑んだ私は、
顔面をぶつける有り様
なんとも痛い

昨夜から全身痛がしていた体、
唯一の痛みがないのは顔だったのに
顔には湿布も貼れず・・・

あぁ〜あ

昔から、
電信柱やら壁やらに、
よくぶつかる子でした

あぁ〜あ

今もそんな大人だなんて
成長してないなぁ、私

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

勉強

時間はAM.2時
眠れません

子供達を寝かしつけ、
そのまま寝てしまい、
11時頃に起きて・・・

寝なくては、
明日も仕事だし

あと、3時間半後には、
起床したいし


なんだか、眠れなかったのと、
仕事の事で気になる事もあり、
勉強もしたし

今年は子供会の役員もある為、
時間的な余裕が無く
年度内での資格取得は諦めました

でも・・・

日々クリニックで業務をこなす中で、
事務の資格無いより、
あった方が良いとは思いますし、
もっと勉強したいとも思いますが、
ここ最近、
事務より・・・保険に関して勉強をしたくて
今日もちょっとそちらの勉強をしていました

クリニックで必要なのは、
保険と言っても、
健康保険だけでなく、
実際に知っておいた方が良い、
色々な保険があります

そこを理解する事で、
保障について理解ができ、
その先の事務処理・・・
請求業務が理解し易くなる

保障に関しては、
国が行っているものもあれば、
県、市区町村独自で行っているものもあります


勤務先のクリニックは、
整形外科もあるので、
労災保険自賠責・・・
自賠責に関しては、
加害者不明の際に、
被害者救済する制度があったり
(詳しくはまた今度書きます)


中々時間が取れませんが、
亀さん並みに遅くても、
もっと勉強したいです
自分自身の為にしなくちゃです

そしてクリニック来院される患者様からも、
色々相談されたりもするので、
もっと患者様の力になれる、
患者様の心に寄り添える
スタッフになれるよう、
頑張ろう

さぁ、明日も先生方を頼りに、
沢山の患者様が来院するのだから、
いい加減寝なきゃなぁ

睡魔よ、降りて来い

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

プレゼント

今日は患者様から、
嬉しいプレゼントを頂きました



今年、3△歳になった私、
幼いですよねぇ

職場の方々にも、
よく言われます・・・
面白くて可愛い
可愛いは言われ慣れない(笑)
子供時代から言われる事がなく、
謎の言葉ですが、
自身の子供達が面白く、
キャラクターせいが強いのは、
皆さんから見れば納得のよう

ママがママだからね〜”と

知らなかった〜
私も子供達と同じ感じなのか?

その話に関しては、
また今度載せるとして、
患者様からキティを沢山頂きました

最近、自分で買ったキティは、
iPhoneカバー位でが、
結婚式の受付に、
ウェルカムキティ&ダニエル
置いたくらいの、
実はキティラーなんですよね

高校時代のルーズソックスもキティだったし

そんななので、
幼いとは思いますが、
患者様からのプレゼント、
素直に嬉しかったです

ものは何であれ、
誰かに何かを頂くのは、
嬉しい事ですよね

選んでくれた気持ち
心遣いが温かくて嬉しい

患者様から、
優しい気持ちを頂きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »