« おやすみなさい | トップページ | 家族3人・・・ »

ささやかな願い・・・児童虐待事件から→1歩先の子供達の未来へ・・・

ここ数年、

子供達に対する育児のあり方、

虐待等のニュースがマスコミを通じ、

様々な声と共に、広まっています。

ここ数日は・・・

大阪の2児虐待死の事件の書き込みを、

ネット等で拝見する事が多いですね。

実際に子供を育てている私にとって、

あの事件は・・・

ネットで書き込みをしている多くの人同様、

なぜそんな事を・・・

涙が出てくるほど、辛い事件でした。

私自身、今現在子育て中の母として、

こう言った事件に関して、

今まで取り上げる事は控えさせて頂いておりました。

様々なご家庭の状況があり、

それぞれの育児の方法がある。

思う事、考える事は様々で、

理想やキレイ事で、

子供は大きく育つわけではありませんから。

あってはいけない事件ですが、

よく目にする書き込みの言葉をお借りすると、

誰でも当事者に・・・

被害に遭っている子供が、今隣にいるかも・・・

そう考え、思う気持ちもわかります。

どこまでがOKで

どこからがNGか

誰かが判断し、通報する。

そんな社会の中で、

ビクビクしながら子育てを行う保護者の方が、

今後増えなければ良いなと思う気持ちもあります。

私が今回、この話をブログで取り上げたのは、

起きてしまった事件、命を落としてしまった子供達・・・

その事は本当に切なくてたまりませんが、

その事件で終わりにしないで欲しいと、

切実に思い、書く事にしました。

マスコミに取り上げられるのは、

命を落としてしまった事件だけ。

でも実際は・・・

命を守られたものの、

そう言う被害に遭っている子供が多くいて、

でもそう言う状況に関しては、

一般的には触れられない、知られない。

今までブログなどでは全く触れて来ませんでしたが、

実は私は普段、虐待やネグレクトの被害に遭い、

保護された子供達と関わる事が多くあります。

そしてその子供達に向けられる、

冷たい視線冷たい言葉の数々。

事件になったニュースを見て、

心を痛め、涙を流す優しさがあるのなら、

保護された子供達へも、

優しい気持ちを忘れないで欲しい。

かわいそうに・・・そんな見方から、

かわいいね・・・ごく普通に、無邪気な子供を見る目に、

周囲が変わって行って欲しい。

右も左もわからない幼き子供には、

何の罪も無いのですから・・・。

マスコミに取り上げられた事件と、

保護された多くの子供達を見ていて、

私の勝手な思いですが・・・

育てられないのなら、早くに手放してあげて欲しいと思います。

子供達は、この世に生まれた時点で、

一個人であり、小さくとも大切な命を持って生まれ、

無限の可能性と未来を持っているのです。

そんな大切な命を・・・

未来を・・・

可能性を・・・

失くしてしまい、自らも犯罪者になる位なら、

その前に手放して欲しい。

保護された子供達を見ていると、

虐待やネグレクトを受けてから、

早い段階で保護された子や、

低年齢で保護された子は、

早い段階で、

ごく普通に日常を送れるようになっているように思えます。

一方、虐待やネグレクトの状況が長く続いた子供達は、

体も標準よりかなり小さく、

成長過程で必要な時に、必要な栄養が与えられていない状況では、

見た目だけではなく、

中身の点でも、標準よりかなり劣ってしまっているように思えます。

今後この保護された子供達が、

どんな道を歩んでいくのか・・・

私は、風くんと陽ちゃんの母。

そして・・・2人と同じ年代の、保護された子供達の背中も、

今後も見守り続けようと思っています。

|
|

« おやすみなさい | トップページ | 家族3人・・・ »

怪獣ママ」カテゴリの記事

コメント

はじめましてsign01
drugchannelといいます(´▽`)

ニュースでも連日この虐待についていろいろな報道がされていますね

確かにそれぞれの家庭、親にも事情がたくさんあり、全ての子供たちが十分な環境を与えられていないのも残念ながら事実です。

私も、子供を育てられないと思った親御さんには、最悪の事態になる前に、思い切って手放す勇気ももってもらいたいと思います。
子供は決して親の所有物ではなく、どんなに小さくてもそれぞれが立派な命です。生き抜いていく権利を持っています。
世間体などではなく、子供の将来を考えて、思い切って周囲に助けを求めて欲しいです。

そして、せっかく助かった小さな命がたくさんあるのだし、この子たちが今後まっすぐに育つために、怪獣ママさんのように、私たち周囲の人間もいろいろな係わりを持ちながら、小さな努力をしていかないとですね。

このような痛ましい事件が1つでも減るための努力は、事件の当事者だけの問題ではありませんので。

長文、失礼しましたm(_ _)m

投稿: drugchannel | 2010年8月 8日 (日) 13時15分

♪drugchannelさん♪

初めまして、コメント有難うございますm(__)m

本当に切ない内容ですが、
でも目を背けてはいけない問題です。

ただ・・・
日々迷いながら、悩みながら
子育てをしているママ達が、
今この瞬間も、社会には沢山いるのです。
そのママ達が、子育てし辛い環境になるのも、
辛いですね。

報道も含め、
皆さんが子育てをしている保護者の見方を、
難しいですが・・・
間違えないで欲しいです。

叱る=虐待

そんな判断を間違ってもしないで欲しい。

こう言う報道が多くなり、
偏った見方や判断で、
間違っても、
幸せだった保護者の方が、
壊れる事のないよう・・・
ただ願うばかりです。

投稿: | 2010年8月11日 (水) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255577/36052332

この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな願い・・・児童虐待事件から→1歩先の子供達の未来へ・・・:

« おやすみなさい | トップページ | 家族3人・・・ »